さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年05月18日

誤解されることを恐れ何もできないことを自分で改善する

強迫観念だけの神経症について、述べます。

なおボランティア活動で、無料のメールカウンセリングをカウンセラーの中島が行っています。ご希望の方は、下のメールアドレスをクリックしてください。リンクします。
believer-will@true.ocn.ne.jp



神経症において多くの場合、強迫観念と強迫行為はペアーです、

しかし強迫観念のみの、神経症もあります。
その強迫観念のみの神経症は、不快な考えにおそわれるというものです。例えば、自分は何か悪いことをするかもしれないというものです。

例えば、ある人は以下のようなことで苦しんでいました。
その人は誰かの家へ用事で出かけるとその家のものが後で、もしかしたらなくなっているかもしれないと考えます。

そしてそのことを全部、自分のせいにされることを恐れました。もしかしたら、他の人がそうするかもしれません。それが心配なのです。その結果、人の家にはいけません。または、そう誤解されるかもしれないと心配です。その結果、お正月であっても家から出られません。

この人は、とてもまじめな人です。このような考えに、苦しむ人はまじめな人が多いのです。
それだけに、その考えを振り払えません。

強迫観念だけの神経症は、不快な考えにおそわれます。人によっては信号をわたってから、赤信号だったかもしれないと心配します。
またお正月の初詣では、自分の信仰のこころがけのいたらなさを必要以上に心配します。その結果、自分に災いが起きると考えるのです。
またこのような人は普通以上に、信心深い人に多いのもその特徴です。

結局、強迫観念のみの神経症の人は普通以上のおもいに圧倒されている人とも言えます。そしてこのような神経症の人は、不快な考えにおそわれます。

例えば、家の前に駐車している車のナンバーを憶えなければいけないと思い込んでいます。それは、その車は後で事件を起こすかもしれないと心配するためです。結局、記憶にも限界がありますから、ノートを持ち歩いています。そのノートに、メモしておきます。

このような問題の自己治療は主に、「認知行動療法」により行われます。
「認知行動療法」は、認知と行動に直接アプローチする方法です。

正確には認知にアプローチする方法は、認知療法です。
同様に行動にアプローチする方法は、行動療法です。

この二つを一定のコンビネーションで行うものが、認知行動療法です。
よって認知行動療法にとって、このコンビネーションこそが大切です。

最終的に認知行動療法では、相談者の症状を改善する方法を具体的にアドバイスします。
認知行動療法では初めは、小さな目標を設定します。その目標から、ステップを踏んで大きな目標へ進みます。認知行動療法は小さな成功体験をステップにして、大きな成功体験へ進めるカウンセリングです。

さらに述べます。



同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 捨てられないで、何でもため込むことを自分で改善する (2017-05-18 13:19)
 何度も繰り返さないといられない繰り返し行為を自分で改善する (2017-05-18 13:15)
 鍵の確認、火の消し忘れの心配を自分で改善する (2017-05-17 13:37)
 不潔恐怖症を自分で改善する (2017-05-16 14:53)
 東京足立区役所前カウンセリングルーム (2012-05-12 09:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
誤解されることを恐れ何もできないことを自分で改善する
    コメント(0)